2008年04月13日

入院

買ってから調子の悪かったプレオRSを元気にしてもらうために入院させてきました。
対応が悪すぎるので、もう自分でパーツを付け替えたり、好き勝手してしまおうかと考えていたんですけど、しっかりと修理するからもう一度だけチャンスをくれないか?と連絡が来たので出してきました。

今度は小手先の修理ではなく、数日間預けての修理なので少しは期待できるのでしょうか。
富士重が軽事業から撤退を発表した今、私のプレオRSはかなりの代物であることには間違いありません。


・生意気にハイオク仕様の4気筒DOHCエンジン
・ターボじゃなくてスーチャー搭載のニクいヤツ
・四輪独立懸架で、軽だけど安心できる乗り心地
・四輪ディスクでカッチリと止まる安心感
・変速ラグを感じさせない7速スポーツシフト


こんな感じに、バブルがはじけた時代の車なのに非常にバブリーに仕上がっているわけですよ。ま、コストダウンのために開発していくお金がなかった、というのが実際のところだとは思いますが。
こういうヲタ車は、軽自動車を欲しがる一般消費者には全くと言って良いほど興味のないスペックですから、売れないのにも頷けます。

プレオRSなら標準でも80PS近く出ているらしく、100km/hに到達するのは12〜3秒。900kgある車体ですから、非常に速い部類であり、高速の合流や長い登坂車線も苦痛は感じません。
毒キノコを入れて抜けのいいマフラーなんぞを入れてあげれば90PS近くまでパワーアップも可能。そりゃぁ、改造したいですね。
ですが、軽事業撤退となると、今後プレオRSのような車が発売される望みもないわけで改造には慎重になります。

確かに、スイフトスポーツやアクセラスポーツといった楽しい車はありますが、軽自動車が好きな私としては少々不満です。
常にフルパワー!街乗りでもエンジン唸ってるぜ!という使い切ってる感じが好きなんですけどね。スイスポあたりだともてあましちゃうんですよ。正直、私の腕だと。

元気になって帰ってきたら、また山道や高速を走ろうと思います。
posted by kafool at 12:32| Comment(1) | TrackBack(0) | プレオRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ノーマルで80ps?
無い無いwww
数字が甘〜く出るローラー式の測定機で、客を喜ばす設定ならノーマルでも70psくらいは表示されるだろうけどね。
ダイノパックで係数1.0で計測してもらいなよ。
40psも出ていれば状態の良い車両だから。
1600のNBロードスター、スイスポあたりが70〜80psクラスなのにどれだけおめでたいんだろ。
Posted by at 2013年04月12日 21:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。